条件分岐とルックアップテーブル

バイト先の方のブログでFizzBuzz問題というのをやっていたのでうちでもやってみた.

(参考)FizzBuzz問題をRubyで書くと | ysakaki.com, http://ysakaki.com/?p=167

条件分岐の代わりにルックアップテーブルにしてみた.

fizz = [“Fizz”,””,””]

buzz = [“Buzz”,””,””,””,””]

1.upto 100 do |i|

if ((i%3)*(i%5)==0)

puts fizz[i%3]+buzz[i%5]

else

puts i

end

end

14行→9行に圧縮.

でもやっぱりif文が一つ余るなあ.

似た感じで,牛タンゲームも難しい気がする.

牛タンゲームのn番目の人は牛なのかタンなのかって一発で判別できるのかな.

紙飛行機みたいに

ダーツな話というかメモ。

自分、先に言っとくと下手っぴです。

カウントアップだと400超えない感じでばらつきます。

クリケットだと1ラウンドあたり一本ずつ位しか入りません。

01ゲームでも1ラウンドあたり30~40点くらい。

・・・何がおかしいんだ?ってなったときに気づいたのが、グリップ。

左右均等に押さえられてないというか投げるときに親指だけ引っかかっている・・・?

ということでグリップを超浅くして、左右のブレを影響を軽減できないかやってみることに。

紙飛行機を投げるみたいな軽さになってるけど良いんでしょうか?

まあとりあえず安定するまではグリップ浅めで続けてみようと思います。

Android2.2から使えるらしいプッシュ通知

後でも読む。

Android クラウド to デバイス メッセージング ( C2DM: Cloud to Device Messaging )

https://sites.google.com/a/techdoctranslator.com/jp/code-google-com/android-c2dm

※もうこれを使って実装されたらしい誰得アプリ

ゆかたんタイムライン

http://kayosystem.blogspot.com/2011/02/blog-post.html

ソフトキーボードのイベントハンドリング

ソフトキーボードで打ち込んでから再計算ボタンを押すのが面倒だったので備忘録.

Y.A.M の 雑記帳: Android ボタンを押したときにソフトキーボードを消す,

http://y-anz-m.blogspot.com/2009/12/android.html

私的ログ~Android開発編: EditTextでソフトキーボードのイベントをハンドリングする,

http://android-vl0c0lv.blogspot.com/2009/08/edittext.html

コロプラ資源計算機

昨日,コロプラの資源計算支援ソフトを就活の現実逃避がてら作りました.

↓こんなの

f:id:tokyoster0907:20110206152848p:image

自分でAndroid端末上で計算したかっただけで作ったから,UIとか超適当.

でもマーケット調べてもなかったんだよねー.

暇があれば,地図上で移動距離の計算やらせたり,

パズルの取得位置マッピングとかあったら便利だろうと思っているのだけど.

そのためにはGoogleマップの使い方を覚えなくちゃね.

(就活やれよ)

ひともすなるぶろぐといふものを

作ってみました.

ブログなので内輪ネタよりはちょっとだけ生産的な内容を書けたらと思っています.

と言っても相当自己満足ですが.

後は,備忘録的な使い方でしょうか.

テーマ的には技術っぽい話や趣味のつぶやきになりそうな予感.

よろしければお付き合いくださいませ.