www.ytoki.netの名前解決ができなくなった話

TL; TR

  • ドメイン設定をさくらとお名前.comで重複して設定してたのがまずかった
    • しかも設定に差分があり,さくらでしか設定してなかったレコードが解決できなくなっていた
  • ytokiはnslookupとdigを覚えた

前置き

先日Rails5対応の本を予約してて,昨日届いたんですよ.

Rails3世代の記憶から追いつけるかなー,久々にブログにメモでもしたらええかなーとか思ってたんですが,

その前にブログにつながらない.

http://www.ytoki.net/wp/

あれ?サーバー死んだ?さくらのVPSのメンテナンスってもうやったんだっけ?

と思ってSSHしたら,ytoki.netではつながらないがIP直打ちならつながる.サーバーは起きている.

???

となったので原因を調べる経過のメモです.(前置きが長い)

1. とりあえずping

IPでは通るけどドメイン・サブドメインでは通らない.SSHした時と同じ.

2. nslookupで通ってるのか確認

普通にnslookupを投げてみるが解決できない.
nslookup -timeout=5 ytoki.net

DNS設定はさくらにしていたはずだったので,そこのNSを見てきてそこへの問い合わせが通るか確認してみると,通る.
nslookup -timeout=5 ytoki.net ns1.dns.ne.jp

うーむ.と悩んでいたところインターン時代にお世話になっていた野々村さんからアドバイスを頂いた.

http://www.nonomura.jp/2014/08/07/0061/

.netのサーバーから引けないならドメインの更新出来てない。その下で帰って来ないなら、ドメイン預けているレジストラに聞く。その下の問題なら、自分の設定を調べる、というところだね。

まずどこで引けなくなっているかの確認、次になぜその事象が起こっているのかの確認。それができれば犯人(原因)が特定されるので、それを修正する(してもらう)という手順だね。

理詰めで行けるやつなんで、一度突き詰めてみると、良い経験にもなると思うよ。

nslookupの使い方を調べていたら,macではdig使うべきらしいので順に掘っていく.

dig @a.root-servers.net ytoki.net
dig @a.gtld-servers.net ytoki.net
dig @01.dnsv.jp ytoki.net

ここまでたどり着いたところで,設定したはずのIPのAレコードとwwwとかを設定するCNAMEが入っていないことに気づく.

さくらの方でDNS設定してたはずなんだけど・・・と思ったが,ある.
ただ違ったのが,NSが01.dnsv.jpじゃなくてns1.dns.ne.jpになってる.

じゃあこの設定はどこのなんだ・・・と思ったら,お名前.comの方で設定してた.
そしてお名前の方はAレコードもCNAMEも設定してない.これか!

3. お名前.comで改めてドメイン設定

AレコードとCNAMEを設定して,改めてdigを順に投げたら名前解決できていることを確認できた.

まとめ

ドメイン設定したのは5年前とかなので当時の記憶はないけど多分よくわからないまま両方コピペしたんだと思う(今もよくわかってない)

今までさくらのほうでAレコード・CNAMEレコードを設定してたDNS設定はNSがns[12].dns.ne.jpになっていて,これがa.gtld-servers.netに渡っていた.
これが,メンテナンスか何かの拍子にお名前.comで設定してたNSが0[12].dnsv.jpのが参照されるようになって,差分のAレコードとCNAMEレコードが引けなくなった,という事らしい.(google appsのMXレコードは両方設定されてた.)

良い勉強になりました.

 

MacBookAirのバッテリー容量を黙々と記録するスクリプトを作った

バッテリーがどういう減り方してるのかが気になるわけですよ.

重い処理させずにディスプレイの輝度も低めにしとけば結構持つのはわかったんだけど.

と,いうわけでバッテリーの状態を黙々とcsvファイルに記録するためのRubyスクリプトを書いた.

参考にしたのはこちら.

mac bookのバッテリー状態をはてなグラフに記録してみよう – mac 日記

http://d.hatena.ne.jp/yao3/20091207/1260204647

#!/usr/bin/ruby
class BatteryLog
def run
logging
end
def logging
info = get_status
_logging(Time.new,info)
end
def _logging(time, info)
begin
##### ログを保存するディレクトリをフルパスで.
Dir::chdir("/Users/tokyoster/Documents/ruby/BatteryLogs")
rescue
Dir::mkdir("/Users/tokyoster/Documents/ruby/BatteryLogs")
Dir::chDir
end
##### Capacity,Current,Cycle Count
log_str = time.strftime("%y/%m/%d %H:%M") + "," + info["Capacity"].to_s + "," + info["Current"].to_s + "," + info["Cycle Count"].to_s
log_file_name = "BatteryLog" + time.strftime("%y%m%d") + ".csv"
log_file = File.open(log_file_name,"a+")
log_file.puts(log_str)
log_file.close
end
def get_status
info = eval(`/usr/sbin/ioreg -w0 -n "AppleSmartBattery" | grep LegacyBatteryInfo`.gsub(/=/, '=>').gsub(/^.*\{/, '{'))
return info
end
end
BatteryLog.new.run

こいつをCronに登録するときには

crontab -e

* * * * * ruby /Users/tokyoster/Documents/ruby/battery_log.rb

てな感じですね.

これで一分ごとにバッテリー容量とバッテリー残量とサイクルカウント(何回充電サイクルが繰り返されたか)が記録されるようになりました.

あとはこれを黙々とグラフ化して表示してくれるガジェットみたいのがあったらいいですよねー,

MacBookAirを買ってとりあえず入れてみたソフトウェアのリストを晒してみる

メモがてら列挙してみる.

Chrome:まずはブラウザ

KasperskyAntiVirus:学校のライセンスで使えるので.

MacPorts:Terminalで使えるソフトウェアの管理

RVM,Ruby,Rails:Webアプリ開発環境の整備

DropBox:データ共有環境を作る

Xcode:Objective-Cとかやってみたい

TeXShop:TeXで論文を書く環境が欲しい(※設定中)

TexWorks:同じく(※設定中)

ComicViewer:画像用のビューアらしい.自炊始めたら使えそう

LateXiT:Keynoteで数式を扱うために

TotalTerminal:Terminalをホットキーで呼び出す

EverNote:Webとかで集めた資料を束ねておくのに便利.

Alfred:option+spaceで検索窓を出せるランチャー.

mi:テキストエディタ.

Echofon Lite:Twitterクライアント

Keynote:Macでプレゼンテーションと言えば.

Skype:禁断のアプリ

TeamViewer:リモートで他のパソコンを操作できる

Wifi Analyzer:Wifi通信状況のチェック

Eclipse:Javaとかの開発環境.

Keynote入れたからにはPagesとNumbersも入れるべきでしょうかね?

あと家計簿のソフトが欲しい.

MacBookAirを買ってWindowsServer2008R2とBootCampするまでの備忘録

初Macの割に冒険しすぎたような気がしないでもない.←

なんでWindows7でなくServer2008R2なのかというと,学生だったらMicrosoftのDreamSparkで無料で使えるからです.

(他にもVisualStudioとかがただで使えるので超おススメ)

ただ,まあだいたい同じだろうと思ってたら意外と勝手が違って,ハマりまくったのでメモします.

1.MacからBootCampでインストールする

Dreamsparkからダウンロードすると”.img”の形式になってるので,”.iso”に書き換える.

あとは指示通り.

2.Windowsのインストール

指示通りにやってく.

後々外付けストレージをつける予定だったので,パーティションはWindowsを少なめにしてみた.

デスクトップが表示されるまでとりあえず普通.

3.ドライバ関連のインストール

ここが第一関門.

ドライバをインストールしないうちに自分でシャットダウンor再起動してしまうと,

「あれ,MacってCtrl+Alt+Delなくね?」

「Mac版のcontrol+option+fn+deleteも効かない??」

となって詰みます.というか,詰みました.

MacのDel=WinのBSにキーバインドが当たってるみたいなので,fn+delete=Delが効かないんでしょうね,多分.

やっちゃった人は外付けのキーボードをつないで,BSの位置じゃないDelを使えばOKです.

と,いうわけでドライバのインストールをします.

BootCampでWindowsを入れたUSBメモリ内のWindowsSupportフォルダの中にSetup.exeがあるので起動・・・

できない?

サイドバイサイド構成が云々と言われて起動できませんでしたorz

仕方がないので手動でドライバを入れましょう.

なお,あとからまとめて入れられるっぽいので,

キーボード:WindowsSupport\Drivers\Apple\x64\AppleKeyboardInstaller64.exe

無線ネット(多分):WindowsSupport\Drivers\Broadcom\BroadcomNetworkAdapterWin7_64.exe

あたり入れとけばいいんじゃないでしょうか.

4.無線を有効化する

第二関門.

WindowsServerはその名の通りサーバーなので,余計なものが一切無効になってます.

「ドライバ入れたはずなのに有効にできねえ?!」と焦りました.

このページを参考にして有効にしました.

http://macnorikae.blogspot.com/2010/06/windows-server-2008-r2lan.html

5.WindowsUpdate

とりあえずごっそり更新しましょうか.

結構更新するもの多かったです.

6.ドライバ関連のインストール

もう一度WindowsSupport\Setup.exeを起動します.

多分動きます.

とりあえず使える感じになるんじゃないでしょうか.