MacBookAirを買ってWindowsServer2008R2とBootCampするまでの備忘録

初Macの割に冒険しすぎたような気がしないでもない.←

なんでWindows7でなくServer2008R2なのかというと,学生だったらMicrosoftのDreamSparkで無料で使えるからです.

(他にもVisualStudioとかがただで使えるので超おススメ)

ただ,まあだいたい同じだろうと思ってたら意外と勝手が違って,ハマりまくったのでメモします.

1.MacからBootCampでインストールする

Dreamsparkからダウンロードすると”.img”の形式になってるので,”.iso”に書き換える.

あとは指示通り.

2.Windowsのインストール

指示通りにやってく.

後々外付けストレージをつける予定だったので,パーティションはWindowsを少なめにしてみた.

デスクトップが表示されるまでとりあえず普通.

3.ドライバ関連のインストール

ここが第一関門.

ドライバをインストールしないうちに自分でシャットダウンor再起動してしまうと,

「あれ,MacってCtrl+Alt+Delなくね?」

「Mac版のcontrol+option+fn+deleteも効かない??」

となって詰みます.というか,詰みました.

MacのDel=WinのBSにキーバインドが当たってるみたいなので,fn+delete=Delが効かないんでしょうね,多分.

やっちゃった人は外付けのキーボードをつないで,BSの位置じゃないDelを使えばOKです.

と,いうわけでドライバのインストールをします.

BootCampでWindowsを入れたUSBメモリ内のWindowsSupportフォルダの中にSetup.exeがあるので起動・・・

できない?

サイドバイサイド構成が云々と言われて起動できませんでしたorz

仕方がないので手動でドライバを入れましょう.

なお,あとからまとめて入れられるっぽいので,

キーボード:WindowsSupport\Drivers\Apple\x64\AppleKeyboardInstaller64.exe

無線ネット(多分):WindowsSupport\Drivers\Broadcom\BroadcomNetworkAdapterWin7_64.exe

あたり入れとけばいいんじゃないでしょうか.

4.無線を有効化する

第二関門.

WindowsServerはその名の通りサーバーなので,余計なものが一切無効になってます.

「ドライバ入れたはずなのに有効にできねえ?!」と焦りました.

このページを参考にして有効にしました.

http://macnorikae.blogspot.com/2010/06/windows-server-2008-r2lan.html

5.WindowsUpdate

とりあえずごっそり更新しましょうか.

結構更新するもの多かったです.

6.ドライバ関連のインストール

もう一度WindowsSupport\Setup.exeを起動します.

多分動きます.

とりあえず使える感じになるんじゃないでしょうか.

投稿者:

ytoki

技術系の話題に雑食な院生は15年からエンジニアをやっています。 /Rails/Android/MATLAB/Ruby/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です