Git Immersion (Git漬け)を訳しながら使い方を覚えてみる.その1

Railsや研究用のMATLABでソースを書き散らしているうちに,修正個所と内容が把握できなくなってきた.

ほぼ同じ内容のバックアップが大量にあるような状態で,手が付けられない.

と,いうわけでバージョン管理システムのGitを導入してみる.

参考にしたのはこのチュートリアル.

Git Immersion

http://gitimmersion.com/index.html

Git漬け,って感じですかね.英語漬けみたいな.

とりあえずUbuntu環境に入れてみる.

$ sudo apt-get install git-core

(※いつの間にか入れてたらしい.)

バージョンを確認.

$ git –version

git version 1.7.0.4

LAB 1 Setup

http://gitimmersion.com/lab_01.html

目標:作業の準備のためにGitを設定する

1.名前とEmailの設定

$ git config –global user.name “Your Name”

$ git config –global user.email “your_email@whatever.com”

2.行末の設定

//Ubuntuに入れたのでUnix/Mac用の設定にする

$ git config –global core.autocrlf input

$ git config –global core.safecrlf true

LAB 2 More Setup

http://gitimmersion.com/lab_02.html

目標:チュートリアル用の素材を取得して実行する準備をする

1.Gitのチュートリアルパッケージを取得する

$ wget http://onestepback.org/download/git_tutorial.zip

2.チュートリアルパッケージを解凍する

// の,前にunzipが入ってなかったのでインストール

// $ sudo apt-get install unzip

$ unzip git_tutorial.zip

git_tutorialの中身は,

html:このチュートリアルのHTMLファイル一式

work:空の作業用ディレクトリ.この中にリポジトリを作る.

repos:予めパッケージ化されたリポジトリ.workにコピーすれば任意の場所からチュートリアルを始められる.

2~3章ずつ訳してアップしていけばいいかな.

投稿者:

ytoki

技術系の話題に雑食な院生は15年からエンジニアをやっています。 /Rails/Android/MATLAB/Ruby/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です