条件分岐とルックアップテーブル

バイト先の方のブログでFizzBuzz問題というのをやっていたのでうちでもやってみた.

(参考)FizzBuzz問題をRubyで書くと | ysakaki.com, http://ysakaki.com/?p=167

条件分岐の代わりにルックアップテーブルにしてみた.

fizz = [“Fizz”,””,””]

buzz = [“Buzz”,””,””,””,””]

1.upto 100 do |i|

if ((i%3)*(i%5)==0)

puts fizz[i%3]+buzz[i%5]

else

puts i

end

end

14行→9行に圧縮.

でもやっぱりif文が一つ余るなあ.

似た感じで,牛タンゲームも難しい気がする.

牛タンゲームのn番目の人は牛なのかタンなのかって一発で判別できるのかな.

投稿者:

ytoki

技術系の話題に雑食な院生は15年からエンジニアをやっています。 /Rails/Android/MATLAB/Ruby/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です